好みを把握する

レース手作り

そもそも結婚指はを手作りするということは可能なのでしょうか。
オーダーメイドを行っている工房などで作ることができます。
流れとしては、デザイン打ち合わせ、制作、仕上げ、納品、となっています。
制作方法は、金属の材料から作る方法とワックスと呼ばれるロウ材で作る方法がありますが、多くのお店が様々なデザインに対応できるロウ材を採用しています。
デザインを考えるのは苦手という方も参考作品があるので大丈夫です。
また、仕上げの磨きはプロが行ってくれますので安心ですね。
では気になる費用はどうでしょうか。
プラチナで作ったとしても、そんなにボリュームのあるデザインや、石をたくさん入れたりしなければ、2本で15万円ほどで作ることができます。
お店のホームページで素材別などの価格一覧があったり、予算シミュレーションが出来るところもありますので、大体の金額を確認し、予算をあらかじめ決めておけますね。

でも、大変な思いをしてまで作るメリットはあるのでしょうか。
2人だけのこだわりのデザインで作ることができたり、通常はお互いにお互いの指輪を作って交換するので、思い入れのあるものになりますね。
もちろん1人で2本作ることも可能で、その際は少し作業が大変になりますが、お店の方が最後までしっかりサポートしてくれます。
手作りの結婚指輪をサプライズでプレゼントされたら感動すること間違いないですね。
万が一途中で挫折しても製作途中であれば完成しているものと交換ができるシステムを取り入れているところもあるので、制作に自信がないという方でも挑戦してみてはいかがでしょうか。
また、制作風景の写真や映像を取ってくれるサービスがあることもあります。
思い出になることはもちろん、結婚式のムービーとして流すのも素敵ですね。