指輪の素材について

パールのアクセサリー

結婚式の終盤に訪れる「結婚指輪の交換」。
ハイライトとも言える指輪の交換で、お互いの左手薬指にはめる事で夫婦となった実感が湧くものです。
結婚のしるしであり永遠の愛を誓う象徴となり、夫婦である間は一生左手薬指にはめておくものです。
ですので、奥さん任せで決めてもらうというのはよくありません。
夫婦が共に意見を出し合い納得のいくものを決める事が大事なのです。
婚約指輪のような派手さは無いけれども、日々身につけるペアで揃えた大切なものです。
結婚指輪にも様々なスタイルがありますから、夫婦の考えでチョイスする事が出来ます。
種類としては、既製品・セミオーダー・フルオーダー・手作りです。
その中でも、世界でたった一つのオリジナルとなる想いのこもった「手作り」を選ぶ夫婦が増えているのです。

最近は、結婚指輪を手作りする夫婦が増えています。
それに伴い、手作りできるジュエリーショップも増えてきました。
どのようなデザインにするか、どのような材質にするか、どのような石を入れるのか、どのようなメッセージを入れるか、などデザインは無限大です。
夫婦で意見を出し合い、納得のいくものを作るのです。
これは、結婚式前の夫婦二人の共同作業になるのです。
手作りは、夫婦のイメージが自分たちの手で形となっていく楽しさや嬉しさがあります。
完成したときの感動は計り知れません。
そして沢山の想いを込めたものには、より温かみがあります。
ちなみに手作りの指輪の相場は、材質にもよりますが2人で15から20万円程度と言われています。